【驚愕】福岡市から周南市への引っ越し費用が最大50%オフ!?

  • 福岡市の人口:約153万人
  • 周南市の人口:約14万人
  • 両市間の距離:約199km

 

引越しトラック

 

周南市への引っ越し費用の【目安】
単身 2、3人家族 4、5人家族
約3〜10.5万 約7〜30万 約9〜36万

※業者の料金設定や時期、荷物の量によって同じ距離、同じ家族の引っ越し費用でも大きく差が出ます。

最大で50%も安くなった事例多数!福岡市から周南市への引っ越しを格安で済ませる方法

福岡市から周南市への引っ越しを考えているなら、「引越し価格ガイド」という一括見積もりサイトがおすすめです。

 

最大で50%も安くなる可能性もあり、引っ越し費用を最小限に抑えられるサービスです。

 

引越し見積もり

 

なぜ料金が安くなるのか?

 

引っ越しは同じ条件であっても業者によって料金が変わります。

 

各業者で独自に価格設定を行っていますから、条件が同じでも料金が同じとは限らないのです。

 

といよりも、大きく違うのが一般的です。

 

言葉は悪いですが、騙されてるのかってくらいA社とB社で引っ越し費用に開きが出ることが珍しくありません!

 

一般的に、引っ越しの料金は以下のような費用で構成されています。

 

  • 荷物の量と運ぶ距離
  • 人件費
  • オプション料金

 

こうしたそれぞれの費用が業者によって違うわけです。

 

だからこそ安く作業してくれる業者を見つけるためには、できるだけ多くの業者に見積もりをお願いしなければなりません。

 

最安値を狙うなら!
  • 相見積もりを行う
  • 優良な一括見積サイトを使う

 

見積もりを複数社に出してもらって比較することを「相(あい)見積もり」と呼びますが、これをやるかやらないか、どこの一括見積サイトを使うか使わないか、この2点が費用の面では絶対に外せないポイントです。

 

260社以上の引っ越し業者と提携

 

引越し価格ガイドは2019年3月28日現在、全国279社と提携をしています。

 

つまり279社の中から理想の業者を見つけることができるわけです。

 

実際に利用する際は、最大10社までと絞られる形ですが、10社を比較できれば十分でしょう。

 

その中から最安値の業者を選べば良いわけです。

 

見積もりの結果を比較し、本当にお得な業者はどこなのかを見極めましょう。

 

業者の数が多ければそれだけ理想の業者に出会える確率も高くなります。

 

大手、中小企業、地域密着型の企業など、選択肢にバリエーションを持たせると最安値に近づけます。

 

手続きが簡単

 

複数業者に見積もり依頼をするということで、申込が面倒なのではと感じている方もいるでしょう。

 

ですが引越し価格ガイドはサイトで簡単な情報を入力するだけで使えます。

 

最短1分ほどあれば申込は終わり、あとは業者から見積もりが出るのを待つだけです。

 

インターネット上の見積もりですから24時間いつでも好きな時に使えるのも魅力です。

 

早朝でも深夜でも、見積もり依頼をしたいと感じた時にすぐに申込が可能となっています。

 

入力が簡単で分かりやすく、スピーディーに処理できる見積もりサイトが選ばれます。

 

引越し価格ガイドは優れた一括見積もりサイトの1つです。

 

使いやすく、提携業者の数も多いので最安値の業者が簡単に探せます。

 

無料で利用できるサービスですので、積極的に活用してなるべく費用をかけずに引っ越しを終わらせましょう。

 

引越し見積もり

 

こんな人には、こちらの見積もりサイトがおすすめかも!?
  • 見積もり後の複数社からの電話対応がイヤだ
  • 急ぎの引っ越しではない
  • 1円でも安くしたいとは思わず、相場より安ければよい

 

こういった人には、コールセンターと1回だけやりとりするだけでOK!

 

あとは担当のコンシェルジュが引っ越し会社と勝手にやりとりしてくれる「引越しラクっとNAVI」がおススメです。

 

あなたは1度、引っ越しの日時や荷物の量など、必要な情報を伝えるだけでOKです。

 

見積もり後の各引越し会社からの営業電話がかかってこないので、やり取り、値段交渉が面倒だと感じる人におすすめです。

 

デメリットとしては、各引越し業者との「値段交渉の機会がない(少ない)こと」です。

 

相見積もりの時点で費用は安くなっていますが、さらに突っ込んだ値引き交渉が出来ない分、上記の一括見積サイトよりは値引き率が落ちる傾向にあります。

 

手ごろな価格ならOKで、面倒なやりとりは不要だと感じている人には、こちらの引っ越しラクっとNAVIがおススメです。

 

不用品・大型ごみ・粗大ごみ・廃品を安く便利に片づける方法

引っ越しの前後は不用品や粗大ごみなどが大量に出ます。

 

不用品

 

処分することになりますが、費用もかかるためいかに安くスムーズに処分するかが重要です。

 

そこで便利なのがエコノバですが、その魅力を紹介します。

 

無料で業者を一括見積もり

 

エコノバが不用品を処分してくれるわけではなく、エコノバを介して業者を探せます。

 

その際は最大5社に対して一括見積もりを依頼でき、見積もり結果を比較しながら業者を決められます。

 

一括見積もりは無料なのでお金もかからず、簡単に業者探しができるのが大きな魅力です。

 

申込の時は以下の情報を入力するだけです。

 

  • 都道府県
  • 市区町村
  • 町名
  • 依頼した作業種別

 

まずはこれらを入力すれば申込がはじまり、数分程度で申込が完了します。

 

不用品の種別ごとに業者探しが可能

 

不用品と一言で言ってもさまざまです。

 

梱包資材として使ったダンボールをはじめ、新居では使わない家電、掃除の際に出たごみなど、不用品の種類が変われば依頼する業者も変わってきます。

 

エコノバではこうした種別ごとに業者探しが可能なので無駄がなく、スムーズに不用品の処分を進められるのです。

 

これだけサービスが充実していて無料なので、気軽に申込ができしかも手軽に不用品の処分が可能です。

 

一括見積もりで相場がわかる

 

普段あまり業者に頼んで不用品を処分してもらうことはありません。

 

そのためどのくらいの料金が妥当なのかもわかりにくいものです。

 

ですが一括見積もりなら複数の業者の見積もり結果を比較できるので、自然と相場が見えてきます。

 

相場を踏まえたうえで安く処分してくれる業者を見つけられるため便利です。

 

同じ量の不用品を処分してもらう場合でも、業者が変われば料金も変わります。

 

同じ作業をしてもらうなら安い方が良いのは間違いありませんから、一括見積もりを活用して最安値の業者を探しましょう。

 

引っ越しをするとどうしても大量の不用品が出てきます。

 

エコノバのような一括見積もりサイトを活用し、費用を抑えて不用品の処分を行いましょう。

 

一括見積もりは無料ですぐに申込できるので、引っ越し前後の忙しい時でも安心です。

【引っ越し前】にやる手続きや準備とは?

引っ越しをする前に済ませておきたい手続きや準備にはどんなことがあるのでしょう?

 

梱包作業

 

事前にやっておくべきことを紹介していきます。

 

  1. 引っ越し業者の選定
  2. 転出届の提出
  3. 印鑑登録の変更
  4. インターネットの変更手続き
  5. 各種保険の手続き
  6. 水道・ガス・電気の解約
  7. 固定電話の手続き
  8. 銀行口座の住所変更
  9. 郵便の転送
  10. クレジットカードの住所変更

 

引っ越し業者の選定

 

まずは引っ越し業者を見つける必要があります。

 

一括見積もりサイトなどを使い、理想的な業者を見つけましょう。

 

一括見積もりなら以下のようなメリットがあって便利です。

 

  • 無料で見積もりが可能
  • 料金を抑えられる

 

などです。

 

転出届の提出

 

引っ越しが決まったら自治体に転出届を提出することになります。

 

役所に出向いて転出届を作成・提出しましょう。

 

同時に次の項目である印鑑登録の変更手続きも済ませておくと無駄がありません。

 

印鑑登録の変更

 

印鑑登録している場合、引っ越しに合わせて手続きが必要になります。

 

忘れてしまいがちな手続きでもあるので、メモをしておくなどして必ず済ませておきましょう。

 

インターネットの変更手続き

 

インターネットを利用している方がほとんどだと思いますので、引っ越し先でも利用できるように事前にプロバイダなどに連絡しておきます。

 

開通工事には時間がかかるので、なるべく早めに連絡しておくと新居に移った後スムーズにインターネットを利用できます。

 

各種保険の手続き

 

保険会社に連絡し、住所変更の手続きを行います。

 

生命保険や自動車保険など、複数の保険に加入していることも珍しくないので、加入している保険すべてで確実に手続きを済ませましょう。

 

水道・ガス・電気の解約

 

水道・ガス・電気などのライフラインも手続きが必要です。

 

退去日に止めてもらえるよう、退去日が決まったら連絡をします。

 

固定電話の手続き

 

固定電話を利用している場合は、今の住居での回線停止と、新居での開通工事をお願いします。

 

転居してすぐに使えるようにするためにも、早めにしておきたい手続きです。

 

銀行口座の住所変更

 

銀行口座の住所変更も欠かせません。

 

お金が下ろせなくなるわけではありませんが、手紙などが新居に届かなくなってしまいます。

 

郵便の転送

 

郵便物が新居に届くよう、転送の手続きも済ませておきましょう。

 

できれば引っ越し当日の1週間前までに済ませておきたい手続きです。

 

クレジットカードの住所変更

 

住所変更しておかないと、案内の手紙などが以前の住所に送られてしまいます。

 

このように引っ越しの前にやっておくべき手続きや準備はたくさんあります。

 

どれも重要なことなので、絶対に忘れないようリスト化しておくなどして対応しましょう。

 

1つ1つ確実に済ませていくことが大切です。

【引っ越し後】にやる手続きや準備とは?

引っ越し後にやるべき手続きなどは多岐にわたります。

 

転入転出届け出

 

ここでは代表的な手続きや準備を10項目に分けて紹介します。

 

  1. 転入届の提出
  2. 印鑑登録の手続き
  3. 国民年金の住所変更
  4. 電気・水道・ガスなどの利用手続き
  5. 運転免許証の住所変更手続き
  6. パスポートの住所変更手続き
  7. 梱包資材の処分
  8. 携帯電話の住所変更手続き
  9. 固定電話の住所変更手続き
  10. インターネットの開通工事

 

転入届の提出

 

引っ越しが済んだら役所で転入届を提出します。

 

その際には以下の書類が必要です。

 

  • 転出証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑

 

これらを準備して、早急に手続きを済ませましょう。

 

印鑑登録の手続き

 

印鑑登録の手続きも転入届の提出と一緒に済ませておくと良いでしょう。

 

二度手間にもならず、スムーズに必要な手続きを進められます。

 

国民年金の住所変更

 

国民年金に登録されている住所の変更も行います。

 

引っ越し後、14日以内に手続きを済ませないといけません。

 

電気・水道・ガスなどの利用手続き

 

引っ越し先ですぐに生活ができるよう、入居日に合わせて電気・水道・ガスが利用できるように事前に連絡しておきます。

 

当日に業者の人が来てくれるので、立ち会いの元必要な手続きや作業を行います。

 

運転免許証の住所変更手続き

 

運転免許証を持っている方は、住所の変更手続きを忘れずに済ませます。

 

忘れてしまいがちな手続きでもあるので注意しましょう。

 

パスポートの住所変更手続き

 

パスポートも運転免許証のように住所変更が必要で、やはり忘れてしまいやすい手続きです。

 

普段は使うことがないものですが、引っ越しの際は必ず住所変更を行います。

 

梱包資材の処分

 

ダンボールなど、荷物を梱包した資材が大量に出るはずです。

 

新居のある自治体のルールを確認し、ルールに従って処分するようにしましょう。

 

携帯電話の住所変更手続き

 

携帯電話会社に登録している住所も変更する必要があります。

 

料金は銀行口座から引き落とされるとしても、案内などの郵便物が届かない可能性があります。

 

固定電話の住所変更手続き

 

携帯電話と同じく、固定電話を利用しているなら固定電話の住所変更も行いましょう。

 

携帯電話会社と同じ会社なら、同時に済ませられます。

 

インターネットの開通工事

 

インターネットの回線工事をしておかないとネットに繋げられません。

 

引っ越し前に手続きしておいても良いですし、急いでいないなら引っ越し後に連絡をしてもかまいません。

 

引っ越し前だけでなく、引っ越し後にもやるべきことはたくさんあります。

 

特に役所で行う手続きなどは重要なので、忘れずになるべく早く済ませてしまいましょう。

 

優先順位を決めておくのも良い方法です。

【確認】引っ越し後に忘れがちな手続き一覧

引っ越しが終わったらさまざまな手続きが必要です。

 

中には忘れがちなものもあるので、注意しておきましょう。

 

忘れがちな手続きを一覧で見ていきます。

 

  1. 転入届
  2. 印鑑登録の廃止と登録手続き
  3. 銀行口座の住所変更
  4. クレジットカードの住所変更
  5. マイナンバーの住所変更

 

転入届

 

非常に重要な手続きです。

 

引っ越し後14日以内に済ませる必要があり、なるべく早くに済ませてしまいましょう。

 

  • 転出証明書
  • 本人確認書類
  • 印鑑

 

これらの必要書類を持参して役所に行き、必要な手続きを済ませます。

 

同じ市内や区内に引っ越しをする場合は、転出ではなく転居という扱いになりますがどちらも行う手続きは一緒です。

 

印鑑登録の廃止と登録手続き

 

印鑑登録された印鑑を持っていると思いますが、まずは以前の住所があった役所で登録の廃止をします。

 

その後、新たな住所の役所で改めて印鑑登録の手続きを行います。

 

印鑑は普段からよく使うものではなく、引っ越しでバタバタしていることもあって忘れがちな手続きです。

 

しかし印鑑は重要なものなので、必ず手続きを済ませておきましょう。

 

銀行口座の住所変更

 

銀行口座は住所が登録されていますので、引っ越し後は新たな住所に変更しなければなりません。

 

銀行の窓口に出向いて住所変更したいことを伝えましょう。

 

大半の銀行なら窓口でそのまま手続きを行えます。

 

クレジットカードの住所変更

 

銀行口座の手続きして安心してはいけません。

 

クレジットカードを持っている場合、そちらも住所変更の手続きが必要です。

 

カード会社に電話連絡をし、必要な手続きを行いましょう。

 

会社によってはネット上から手続きできる場合もあります。

 

マイナンバーの住所変更

 

マイナンバーは比較的最近はじまった制度なこともありうっかりしてしまいがちです。

 

役所で手続き可能ですので、忘れずに済ませましょう。

 

非常に忘れがちなため注意しなくてはなりません。

 

引っ越しが決まったら紙にメモしておくなどしておくと良いでしょう。

 

引っ越しが済むとほっと一息つきたくなりますが、やるべき手続きはまだ残っています。

 

忙しい中での手続きで大変ですが、1つ1つ忘れないように確実に手続きを進めていくことが大切です。

引っ越し先で家具家電を賢くゲットする方法とは?

引っ越しに合わせて家具家電を新調することも多いと思います。

 

では引っ越し先で賢く家具家電をゲットするには、どんな方法が考えられるのでしょうか?

 

リサイクル店の活用

 

新品にこだわらないのであれば、リサイクル店は費用を安く抑えられておすすめです。

 

いわゆる中古品が販売されていて、中には状態の良いものも少なくありません。

 

中古品でも問題ない家具家電があるなら、リサイクル店をチェックしてみるのも良いでしょう。

 

また、不用品を売る時にも利用できますので、同時に済ませることも可能です。

 

日本全国どこでもリサイクル店がありますので、気軽に利用できるのも利点でしょうか。

 

配送サービスをやっているお店なら、自分で自宅まで持っていく必要がないのも助かります。

 

大型量販店などで見積もりしてもらう

 

複数の家具家電をまとめて購入するという場合は、大型量販店などで見積もりしてもらうのも良い方法です。

 

あらかじめ購入する家具家電をある程度決めておき、それを店員に伝えて見積もりを出してもらいます。

 

この時、1社だけでなく複数の大型量販店に見積もりを依頼するのがポイントです。

 

複数に見積もりしてもらうことで、以下のようなメリットが生まれます。

 

  • 見積もり結果を比較して最安値のお店が判断できる
  • 相場がわかる
  • お店同士が競争することで価格が安くなる可能性がある

 

こうしたメリットを活かすためにも、できれば複数のお店に見積もりを出してもらい、そのことを各店に伝えましょう。

 

フリマアプリやネットオークションを利用する

 

リサイクル店を利用するのに近いですが、こちらはインターネット上で個人から買うようなイメージです。

 

フリマアプリやネットオークションでは家具家電も売られていて、状態の良いものが安価で売られている可能性があります。

 

ほしい家具家電がないかをチェックしておくと良いでしょう。

 

購入後、届くまでに時間が必要など多少不便に感じる面もあるかもしれませんが、安くゲットできるチャンスです。

 

引っ越し先で家具家電を賢くゲットする方法としては、以上のような方法が考えられます。

 

費用を抑え、無駄なく新しい家具家電を手に入れるためにも、どんな方法があるのかを把握しておくことが大切です。

引っ越しコラム

数社に依頼して見積もりを作成してもらい、その引越し料金を比較検討すれば、自宅の引越し費用の概算的な額を知ることができるでしょう。引越しの見積もりを依頼するときは、希望内容を何もかも話しましょう。

 

運送してもらう荷物をごまかして少なめに申告すると、上乗せ代金が必要になります。

 

独り者だとしたら家財道具も多くはないので、「引越し単身パック」などでやってもらえば予想以上に低料金で済みますが、更に一声安価にしたいと思案するのであれば、引越しの見積もりを依頼することをお勧めしたいと思います。

 

引越し業者が暇な時期と比べ、忙しい時期はほとんど一緒の引越しだったとしても、費用は高くつきます。閑散期なら費用を安く抑えることもできるわけなので、シーズンによって変わってくる引越しの相場を知っておくべきです。

 

不要なものや家具・家電などの大きなごみをきちんと処分しておかないと、引越し予定の住居に運ぶ事態になってしまいます。引越し前には、最優先で不用品を処分しておくのを忘れないようにしましょう。

 

引越しの料金は引っ越す距離や日時、荷物の量により異なります。引越しの相場を知っておけば、引越しをする場合に必要になってくるお金の検討をすることもできるのではありませんか?

 

引越し料金を比較してみると、どこが一番割のいい引越業者かが一目瞭然です。なるだけ出費を抑えたいなら、一括見積もりを利用して比較するよう心がけましょう。

 

多忙を理由に、良さそうな業者に同時刻に自宅に来てもらって、引越しの見積もりを出すように依頼するのは慎むようにしてください。そういった場合は一括見積もりを効果的に活用するようにしてください。

 

引越し料金を比較検討すれば、どこが最低料金の引越業者かということがはっきりします。少しでもお得にしたいなら、一括見積もりを活用して比較することが必要です。

 

県毎に営業所があるような引越し業者は多くの人が利用しているという背景もあり、口コミも大量にあります。口コミを読めば、こうした引越し業者の評判を理解することが可能になるでしょう。

 

格安で引越しを行なうための方法があるのです。引越し専門の業者のプライスダウンキャンペーンを上手く利用すれば、通常料金よりも安くて済みます。こういったキャンペーンを見逃さないようにしたいですね。

 

単身の引越しを誰にもお願いせずに行うつもりなら、荷物や家具などを積み込むための軽四輪トラックを手配する必要があります。レンタカーを借りると、思ったよりも高くつくことになるはずです。

 

引越しと同時にピアノ運送を実施した場合、道路などからの衝撃が災いして、ピアノの音色がおかしくなる危険性があります。調律サービスが付帯されているところに依頼することにすれば何もかもスムーズに運ぶでしょう。

 

自分にとっては要らないものでも、他人にとってはなくてはならないものだという可能性もあるでしょう。そのことを考えると、引越しの機会にリサイクル専門業者などにタダで不用品を処分してもらうのは止めた方が賢明かもしれません。

 

ピアノと申しますのは、標準的な家具や家財とは全く別物で技巧を凝らした造りとなっているがために、ピアノ運送をしたいときは、それを得意とする業者に頼んだ方が良いでしょう。

 

  • 周南市役所
  • 住所:〒745-8655 山口県周南市岐山通1-1

福岡市近辺一覧|北九州市 大牟田市 久留米市 直方市 飯塚市 田川市 柳川市 八女市 筑後市 大川市 行橋市 豊前市 中間市 小郡市 筑紫野市 春日市 大野城市 宗像市 太宰府市 古賀市 福津市 うきは市 宮若市 嘉麻市 朝倉市 みやま市 糸島市 那珂川町 宇美町 篠栗町 志免町 須恵町 新宮町 久山町 粕屋町 芦屋町 水巻町 岡垣町 遠賀町 小竹町 鞍手町 桂川町 筑前町 東峰村 大刀洗町 大木町 広川町 香春町 添田町 糸田町 川崎町 大任町 赤村 福智町 苅田町 みやこ町 吉富町 上毛町 築上町

このページの先頭へ戻る